時代とともに変化する葬儀スタイル

このところでは菩提寺や信教を持たない方が増えています。死生観などに独自のイメージを持つ方も多く、葬儀に対するこだわりも少なくなっています。また多くの人に見送られることを好まない方も増えているため、葬儀スタイルも大きく変化しています。

家族葬と直葬を比較

身内だけで葬儀をする家族葬

家族葬は、身内だけで葬儀を上げることをさしています。一般葬のように読経をおこない故人を見送ります。故人に一番近しい知人などを呼ぶこともあれば、読経も省略しお別れまでの時間を過ごすこともあります。

火葬のみの直葬

直葬は葬儀と呼ばれる宗教儀式を一切行わず、火葬場で火葬を行うのみの行為をさします。もちろん、読経なども行わないことが一般的ですが、火葬場で僧侶による読経をしてもらうこともあるようです。

家族葬は直葬より高く一般葬より安い

家族葬は、部屋を準備してもらうため、直葬よりも費用が高くなりますが、弔問客を収容できる大きな部屋を準備し、大きな祭壇やや香典返しを準備する一般葬よりは安く済ませることができます。

家族葬に関するQ&A

数珠

火葬ができるまで安置してほしいのですが?

可能です。家族葬の場合、火葬が住むまで会場をお使いいただけます。もちろん霊柩車やそれに準ずる車両での火葬場までの搬送も承ります。ただし、時期によってはドライアイスを使用することもあります。

宗派を持たないので僧侶は呼びたくないです。可能ですか?

もちろん家族葬でも一般葬でも各宗派・宗教問わず故人を弔うことができます。宗教に左右されない、音楽葬などご家族のご意向に沿うことができるので、ご希望があればご相談ください。

弔問などをご辞退したいのですが?

遺族のご意向により、弔問を辞退したいという場合にもご相談ください。スタッフがご遺族のお気持ちを汲み取り、弔問をお断りすることも可能です。秘密は厳守いたしますので、ご事情や背景などもお話してもよいでしょう。

密葬という形の家族葬を希望したいのですが?

今は家族で静かに見送り、改めて本葬を行うという「密葬」という形態もお引き受け可能です。どのような見送り方をしたいかなど、まずはご相談ください。葬儀社では、本葬もプロデュースいたします。

安易に選ばないことが大事!葬儀社選びで注意すべきポイント

線香

葬儀業者は慎重に選んで決めること

葬儀会社は、地域に根差した企業が多い中で、全国規模の会社も少なからず増えています。また、新興の葬儀会社の中には、遺族の悲しみに付け込んで相場以上の請求を行う悪徳業者も存在しています。死を扱うビジネスですので、生前から葬儀会社を調べるということは避けたいという気持ちもあります。その中でも評判やどのようなサービスを提供しているのか知っておき、慎重に選んで決めることをおすすめしています。

女性

信頼できる葬儀業者かどうかの見極め方

信頼できる葬儀会社は、第一に「地域に根差した葬儀会社であること」が挙げられるでしょう。また、逐次費用がかさむものに関しては事前に相談をしてくれることや、悲しみに寄り添って丁寧な対応をしてくれる葬儀会社は信頼ができます。ただ、数日間の出来事で「信頼できる・できない」をジャッジすることは難しいので、少しずつ葬儀会社のサービスの良さなどを確認していくことをおすすめします。

横浜市で家族葬を依頼するならこちらへ!