HOME>特集>葬儀の費用などを把握【前もって知っておくことが大切】

葬儀の費用などを把握【前もって知っておくことが大切】

お坊さん

お葬式にかかる全体的な費用

葬儀にかかる全体的な費用は200万円程度とされています。その内訳も実は定かではなくどんぶり勘定で請求されることが一般的です。ただ、葬儀三大費用として、葬儀一式費用、接待飲食費用、宗教者への支払いがあり、これらをすべて含めて全体的な葬儀費用ととらえられています。いずれの費用も上限はキリがなく、グレードや量を決めなければ、相場以上の費用が掛かってしまうこともよくある話のひとつです。中でも飲食費用や宗教者への支払いはこの代表的な例といえます。

葬儀の流れ

線香

葬儀社を手配

臨終直後、死亡診断書をもらい受けたのちに葬儀社を手配します。葬儀社が病院や自宅に訪れ遺体を搬送します。自宅に安置する場合や、そのまま斎場へ搬送し安置する方法などがあります。

葬儀の打ち合わせ

悲しみが深く、気持ちが動転しているさなかですが、どのような葬儀をしたいのか打ち合わせを行います。そこで契約した内容に応じて納棺を行います。ここから祭壇の組み上げや生花の手配などが行われます。

通夜・告別式

葬式に関連した通夜や告別式を行います。進行などは葬儀会社のスタッフにおかませすることが可能です。このわずかな期間の中で死亡届を自治体役場へ提出し火葬許可証・埋葬許可証をもらい受けます。

出棺〜火葬

葬儀を終えたら出棺し、火葬場へ移動し最後のお別れを行います。火葬を行い、遺骨を納めれば、葬儀の一連の流れが完了します。宗教によっては初七日や法事などの葬送行事をおこないます。

自宅での法要〜精算

火葬を終えれば、葬儀の一連の流れは終了します。一般葬の場合葬儀の際に100日法要まで済ませることがほとんどですので、その後自宅で死後の手続きなどを行います。このタイミングで葬儀費用の精算を行います。